WEB講座 『ゴスペル自己練習方法編』

WEBで学べる講座 『ゴスペル自己練習方法編』 ゴスペルの自己練習方法 狭い空間での練習や誰かがいる前では、筋肉が萎縮したり・大きな声をはりすぎたり・声を制御してしまうことが多いようです。 安心ができ、心ゆくまで練習できる環境を整えることも大切な練習の条件なのかもしれません。 練習場所としては、お風呂やレッスンスタジオはおすすめです。 お風呂では小さい声を練習すると、響きを見つけやすいので、よい練習になるかもしれません。 地道な練習でスキルアップ 地道ですが、ループ系のアプリなどを使用し、必要な箇所を何度も聞いて、繰り返すことが大事です。 1曲を何度も聞き流すよりは、一部を何度も何度も聞いて、 メロディの取り方・リズムの取り方を練習されることをお勧めします。 ...
Read More

WEB講座 『ゴスペルとは?』

WEBで学べる講座 『ゴスペルとは?』 ゴスペルとは? Good Spell(よい知らせ)からきた言葉だと言われています。 元来はキリスト教プロテスタント系の宗教音楽ですが、映画「天使にラブソングを」などの影響により、パワフルで楽しい音楽というイメージが広がり、クリスチャンでなくても多くの方に親しまれるようになりました。 次第に日本では宗教色よりも音楽的に親しまれるようになったゴスペルですが、目的はさまざま。人気がさらに高まっています。 有名曲 ゴスペルに興味がないという方でも、テレビや街で流れている音楽で自然と耳にしている方は多いはず。 下記にあげているのは、有名なゴスペル曲の一部です。 一度お聴きいただき、「ゴスペルがどんな音楽なのか」を感じていただければと思います。 ※タイトルをクリックすると、You Tubeの動画が開きます。 「Oh,Happy Day」(天使にラブソングを2より) 「lean On Me」(Gleeより) 「Amazing Grace」 「I smile」 「My Life Is In Your Hands」 魅力 ゴスペル=Good Spell(よい知らせ)なのだから、前向きな歌が多いです。 歌うだけで、自然と気持ちが前向きになれるという声も。 自分の心を開放して全身を使って歌い、それが大勢ともなると、声に迫力や広がりがでるはもちろん、メッセージ性の強い音楽になります。 そんな力強さがあるから、ゴスペルを歌う側も聞く側も自然と熱くなり、その空間全体に一体感と感動が生まれるのかもしれません。 ...
Read More